知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

どんど焼きは地域によって呼び方が異なる?その由来は?

time 2016/12/19

寒くなったと思ったらもうクリスマス、息つく間もなくお正月・・・と、日本人は季節のいろいろな行事を楽しむ習慣がありますよね。

海外から伝わってきたイベント的な習慣もあれば、古くから日本に伝わる伝統的な行事も数多くあります。

ところで、日本人でお正月を知らない人はいないと思いますが、お正月が終わった後に行われる「どんど焼き」という行事を聞いたことはありますか?

この行事は日本で古くから行われている、とても由緒あるものなのですが一体どんなことをするのでしょうか。

sponsored link

どんど焼きの名前の由来と意味

どんど焼きとは、「歳神様(としがみさま)」をお迎えするために各家庭で飾られていたお正月飾りや書初めなどを、小正月にあたる1月15日に持ち寄り、燃やす行事のことをいいます。

※歳神様は、新年に家々に1年の実りと幸せをもたらすために、高い山から降りてくると考えられている神様のことで、ちなみに初日の出は歳神様の降臨と言われています。


出典:photo AC

どんど焼きの送り火は、歳神様が天に帰るのを送る尊い火なので、どんど焼の火にあたると若返るとか、お餅や団子を焼いて食べると健康に過ごせるなどといわれています。

また、書き初めをした半紙を火に入れて、高く上がったら字が上手になるともいわれています。

どんど焼きは、神社で行われているところもあれば、田んぼや空き地で行っているところもあります。

また日程は、地域によっては子供達の休みに合わせるために、1月の第2日曜日または第2月曜日に行うところもあるようです。

「どんど焼きなんて見たことがない!」という人は、こちらの動画を見てみてください。すごい迫力なんですよ!


どんど焼きの由来
どんど焼きが行われるようになった由来については、平安時代の宮中行事であった「左義長(さぎちょう)」が起源という説が有力のようですよ。

左義長・・・正月15日、宮中で清涼殿の東庭で青竹を束ねて立てて、毬杖(ぎっちょう。杖のこと)3本を結び、その上に扇子や短冊を添えて、陰陽師が謡いはやしながら焼いたという行事
 
左義長が民間に伝わって、どんど焼きになったといわれており、現在でも、どんど焼きの別名で「左義長」と呼んでいる地域も広くあります。

なぜ「どんど焼き」と呼ばれるようになったかについてですが、これにはいくつかの説があります。
  • 火を燃やす時に「尊(とうと)や尊(とうと)」とはやし立てた言葉がなまって「どんど」となった
  • 竹を燃やした時に出る「どんっ」という音(竹がはじける)から連想された
  • 勢い良く「どんどん」燃える様子から名づけられた
どれも音や言葉に関する説で、面白い表現方法ですね!

地域による名前の違いと、焼くものの違い

どんど焼きは日本全国で行われていますが、地域によって呼び名が異なるのをご存知でしたか?

  • 西日本では「とんど焼き」
  • 京都や北陸・中部地方では「左義長(さぎちょう)」「さぎっちょ」
  • 東日本の広い地域で「才の神焼き」
  • 九州では「鬼火焚き」、「ほんけんぎょう」
  • 東北では「どんと焼き」
  • 長野・山梨では「道祖神祭」
これ以外にも、「どんだら焼き」「どんどろ祭り」「おんべ焼き」「さいとう焼き」「ほっけんぎょう」「三九郎(さんくろう)」など、本当にたくさんの呼び名がありますが、どれも同じものをさしています。

また、焼くものも地域によりさまざまなんですよ

地域によってはだるまを焼くことにより天に返していますが、祭りにだるま自体登場しないことも多いですからね。

お守り、古いお札、みかん、鏡餅などは一緒に焼いてもいいことがほとんどのようですが、神社で行う際は事前に問い合わせをしたほうが良いでしょう。

どんど焼きを行っている東京の神社の紹介

東京都内で、どんど焼きを行っている神社は以下の通りです。

(出典 NPO地域資料デジタル化研究会・小正月行事全国・国際調査)
 
・鳥越神社 とんど焼き(台東区浅草)
・熊野神社 だんご焼き(町田市)

東京などの都市部では、火災の原因になったり、ダイオキシンが心配されることから、どんど焼きを行う場所は年々減ってきているそうです。

時代の流れとは言え、伝統行事が消えていくことは寂しい限りですね。

まとめ
どんど焼きが、これほど全国で行われているとは驚きでした。

現代では、少子化の影響もあるのか、昔からの行事がどんどんなくなってしまっているのを実感します。

伝統行事は、それぞれ大事な意味があって行われているものなので、大人がしっかり子供に受け継いでいくことが大切だと思いました。

今度のお正月には、自宅近くでどんど焼きをやっている場所を探して、娘を連れて行きたいと思います。

sponsored link

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中