知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

意外に簡単!? windows 10 アップグレード手順(Windows7編)

time 2015/08/31

7月29日に、ついにWindows10への無償アップグレードサービスが始まりました!
今回、Windows7搭載のパソコンをWindows10に無事アップグレードしましたので手順をまとめてみたいと思います。


我が家にはいくつかパソコンがあるのですが、前回Windows7から8にアップグレードした時はいろいろ大変でした。PCメーカーのサポートページもろくにチェックせず始めたせいか、アップグレード途中で画面が突然進まなくなったり、ライセンス認証エラーをおこしたり・・・。結果的には、何度かやり直してアップグレードできたものの気が気でなかったです。


そんな苦い経験があったので、今回のWindows10へのアップグレードは気を引き締めて行いました。

sponsored link

Windows10へのアップグレードを行う前にしておくべきこと

まずアップグレードする前に、ご自身のPCのメーカーのWindows10サポート状況を確認しましょう。特に、アップグレード対象製品、ドライバーの有無などは必ずチェックしておいて下さい。まだサポートがされていない機種についてはサポート開始するまで待ちましょう。

主要PCメーカー アップグレードサポートページ

東芝
http://dynabook.com/assistpc/osup/windows10/target/index_j.htm

SONY
https://www.sony.jp/support/vaio/windows/10/

パナソニック
http://askpc.panasonic.co.jp/win10/up/

富士通
https://azby.fmworld.net/support/info/20150626/

NEC
http://121ware.com/psp/PA121/NECS_SUPPORT_SITE/ENTP/h/?tab=SUP_Z_WIN10

シャープ
http://www.sharp.co.jp/business/print/support/os_info/win10/index.html

Lenovo
https://support.lenovo.com/jp/ja/windows-support

Acer
http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/windows10-eligible-models#_ga=1.121643659.1286473608.1440930183

ASUS
http://www.asus.com/event/2015/osupgrade/JP/upgrade.html

Dell
http://www.dell.com/support/contents/jp/ja/jpdhs1/article/Product-Support/Self-support-Knowledgebase/Windows-Operating-Systems/windows-10-support/upgrade-to-windows-10

マウスコンピューター
http://www2.mouse-jp.co.jp/win10/upgrade.asp?_ga=1.181253863.1152987238.1440930458

HP
http://www8.hp.com/jp/ja/hp-news/press-release.html?id=2005844

ゲートウェイ
http://jp.gateway.com/gw/ja/JP/content/windows10-eligible-models


次に、万が一のことに備えて、データのバックアップを取りましょう。
イメージバックアップとシステム修復ディスクの作成はぜひともやっておきたいですね。

ちなみにWindows7の場合はこれらのバックアップ機能が標準でついています。
※パソコンを購入した時にインストールメディアが付いている場合、システム修復ディスクは、不要です。


Windows7のバックアップ方法

イメージバックアップは外付けハードディスクドライブを使います。イメージバックアップをすると、外付けハードディスクに既に保存されているデータは全て消去されてしまうので、何も入ってないディスクを使うか、データを別のメディアに移動しておきましょう。


イメージバックアップの手順

1.パソコンに中身が空の外付けHDDを接続する

2.コンピューターをクリック、ハードディスクドライブの中に表示されている接続した外付けHDDを選択して、右クリック→フォーマットを選択

3.上から2番目にあるファイルシステムを「NTFS」に変更して、「開始」をクリック

※「警告:フォーマットするとこのディスクのすべてのデータが削除されます。」というメッセージが表示されますが、OKをクリックして下さい。

4.その後、「フォーマットが完了しました。」というメッセージが表示されたらフォーマットは無事完了です。


バックアップの方法がよくわからない場合は、市販のバックアップソフトを使うという手もあります。


イメージバックアップをする時の手順

1.コントロールパネルから「システムとセキュリティ」の中にある「バックアップ」の作成をクリック

2.システム イメージの作成をクリック

3.ハードディスク上(H)を、すでにフォーマットした外付けHDDに変更して、「次へ」をクリック

4.次の画面で、内容を確認したら、「バックアップの開始」をクリック

5.「システム修復ディスクを作成しますか?」というメッセージが出たら、「はい」をクリック。

6.空のCD-RもしくはDVD-RをPCに挿入して、「ディスクの作成」をクリック

「システム修復ディスクが完成しました」というメッセージが表示されたら、無事完了です。



Windows10へのアップグレード手順について

今回 Windows7(64bit)からWindows10へのアップグレードを行いました。
結論から言うと、意外に簡単にできちゃいました!何の問題もなく1時間程度で完了できましたので、ちょっと拍子抜けです(笑)。


まず、タスクバーの右側にある、ウィンドウズマークをクリック(※□が4つあるマーク)

※ウィンドウズマークがない場合は、Windowsのアップデートがされていない可能性がありますので、全てのプログラム→更新プラグラムの確認で、利用可能な更新プラグラムがあるはずなので、更新プラグラムをインストールしてください。


01


Windows10を無償で入手する手順画面が出てきますので「無償アップグレードの予約」をクリック

02


予約画面で、メールアドレスを登録して、「確認の送信」をクリック

12

しばらくするとマイクロソフトから以下のメッセージがメールで送られてきます。


11


予約してから、アップグレード開始の案内が車では数日から数週間という発表があったみたいですが、今なら当日(数時間)、もしくは翌日には案内が届くようです。私の場合も数時間で届きました。

無償アップグレードの予約いただきますと、無償アップグレードの予約リストに登録されます。お客様のデバイスがアップグレード可能になった際に通知が表示されるまで、数日から数週間かかる場合がございます。通知が表示された場合、直ぐにアップグレードを行うことも、アップグレードをご都合の良い時間に設定することも可能です。



アップグレード可能の表示は、タスクバーのウインドウズマークのところからポップアップされますので、すぐに分かります。

アップグレードの表示画面を開いて、「続行」をクリック。


13


ここから先は、画面に従って数回クリックをするだけで、ほぼ自動的に行えます。
何度か再起動を繰り返した後、無事にアップグレードが完了しました。

03

05

06

07

08

09

アップグレードを終えた感想は、Win7から8にアップグレードした時に比べると、本当に簡単でスムーズでした。これなら失敗する可能性もほとんどないと思われます。


Windows10への無償アップグレードは、2016年の7月29日までですので、バグの修正など様子を見たい方はもう少し待っても良さそうですし、バックアップをしっかり取っていますぐアップグレードするのも良し。くれぐれもご自身の責任の上で行って下さいね。


ちなみに新ブラウザのEdgeはIEよりも速くていい!。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

季節行事・イベント

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

毎月のスマホ代を安く!

Kindle本セール中