知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

食事中に水をたくさん飲むというのは、身体にいいこと?悪いこと?

time 2017/10/01

食事のとき、あなたは「水を飲む派」ですか?それとも「飲まない派」ですか?

嫁ぎ先が「食事のときには、お味噌汁がなくても水は絶対必要!」という家庭だったこともあり、我が家は「食事中に水を飲む派」です。

そんな私がやってしまうのが、「今日は外食だから、人様に作ってもらったご飯をたらふく食べるぞ!」というときに限って、ついつい水をガバガバ飲み(薄味に慣れているからか、味の濃い外食で喉が渇いてしまうのです・・・)、水でお腹がふくれてしまい、結果ご飯を食べられないということ。

私にとって、食事中に水をたくさん飲むことで普段よりも食べられる量が減ってしまうのですが、身体にとってはいいことなのでしょうか?

sponsored link

食事中にたくさん水を飲むと、身体はどうなるの?

はたして食事中に水を飲みすぎると、身体にどんな影響があるのでしょうか?


出典:photo AC

まず考えられるのは、水を飲みすぎることで、胃酸を薄めてしまうということ。

胃酸が薄まると、どうなるのでしょう? 

答えはシンプル。

胃の中に入ってきた食べ物を消化しやすくするために、小さくする胃酸が薄まってしまうと、例えば10分で消化できていたものが、15分かかるなど、胃がたくさん動かないといけなくなってしまいます。

胃が「いつもより余分に働いています!」という状況になると、胃も疲れてしまい、負担がかかってきてしまうのです。

また、胃に胃が一生懸命働くことで、胃を動かすためのエネルギーでもある血液が、胃に多く運ばれることになり、脳に届けられる血液の量が減ってしまいます。

すると、脳は眠くなるんだとか。

確かに、食事中に水を摂るようになってから、食後の眠気がひどくなったような気が・・・。

「食事後の後片付けが面倒」という現実から逃避したいだけだと思っていましたが、意外とそうではなかったのかもしれませんね。

更に、食べ物を水で流し込んでしまうこともあるため、噛む回数が減ってしまいます。

咀嚼することで「食べている=お腹いっぱい」と感じているのに、咀嚼しないのですから、満足感は得られなくなり、ずっと食べ続けるということになります。

満足感を得られなくなる人もいれば、私のように水を飲みすぎると「お腹いっぱい」となってしまい、食べられなくなるというパターンもあるので、食事中の水は「満腹感をおかしくしてしまう」ということがいえるかもしれませんね。

spondored link
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-6071578358787738"
data-ad-slot="2612958156">


食事中に水は飲んじゃいけないの?

もし家族に「今日から食事中の水は禁止!」といったら、きっと「そんなのムリだよ~(涙)」といわれるでしょう。

では、食事中の水は絶対飲んじゃダメなのでしょうか?


出典:photo AC

できることなら、胃酸を薄めない食事の30分前に水を飲むのが理想的です。

しかし、「水がなければ喉が詰まっちゃう・・・」という場合もあるでしょう。

そんなときには、コップ1杯程度の水であれば、大丈夫です! 

できれば胃に負担のかける冷たい水ではなく、温かい白湯やお茶がおすすめです。

ただし、「我が家の食卓には、お味噌汁やスープが絶対にある!」というご家庭の場合、お味噌汁やスープも水分になるので、お白湯やお茶であっても飲まない方がベターですね。

あと書き

「いつなんどきでも、水を飲むことは、身体にいいことだ!」と思い込んでいる夫に、「必ずしも、そうではないんだよ」と伝えることが、食事中の水分摂取を控えること以上に難しい・・・。

そんな現実にどう立ち向かうのか!? それが私の最大の悩みです(涙)。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

食べ物・飲み物



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中