知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

AGE(終末糖化産物)の意味とは?~あなたの老化を速める食生活を今日からストップ!~

time 2016/04/09

AGE(終末糖化産物)って知っていますか?私はたまたま妊娠糖尿になったことがあるのでたまたま少し調べたことがあるんですが、本当に怖いんです。美しいバラにはトゲがあるのと同じように、美味しいものには毒があるんだなって。

自分はもちろんそうですが、子ども達の舌を薄味に慣れさせとかなきゃなーなんて思います。夫が濃い味のおかずが好きなので、なかなか大変なんですよね。。。

sponsored link

AGE(終末糖化産物)とは?

AGE(Advanced Glycation End Products)とは「終末糖化産物」すなわちタンパク質と糖が加熱されてできた物質のことです。強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。

体内でAGEが増加するとどんな影響が?
「老化を進める」と一言ではすまされないほど深刻な影響があり、下記のような様々なリスクの一員となる可能性があります。

  • 認知症
  • がん
  • 糖尿病
  • 心筋梗塞、脳梗塞(血管に蓄積した場合)
  • 骨粗しょう症(骨に蓄積した場合)
  • 白内障(目に蓄積した場合)
  • アルツハイマ-
  • 腎不全
  • 肌のシミ・シワや認知症
  • 寿命への影響



体内に蓄積されるAGE

食べ物から体内に入るAGE
「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」はいろんな食べ物や飲み物の中に既に含まれています。

ホットケーキ
出典:photo AC

例えばホットケーキ。糖になる小麦粉とタンパク質である卵や牛乳を混ぜて加熱すると美味しそうな良い焼き色がつきますが、この茶色の部分にAGEができてしまっているのです。こういったAGEの一部は消化段階で分解されますが、約7%は排泄されずに体内に残ってしまいます。

AGEを増やしてしまう食べ物・嗜好品には下記のようなものがあります。

  • とんかつ
  • から揚げ
  • ステーキ
  • 焼き鳥
  • ポテトチップス
  • フライドポテト
  • 人工甘味料入りの清涼飲料水
  • タバコ

上記の通り、AGEは動物性脂肪食品で揚げたり炒めたりしたものに多く含まれます。またAGEは加熱する温度が高いほど多く発生します。どれも美味しいものばかりなんですよね~。

体内で作られるAGE
血中にブドウ糖が多くなってあふれ出すと、体の細胞や組織を作っているタンパク質にその糖が結びついて体温で熱せられ、「糖化」が起きてしまいます。タンパク質が糖化しても初期段階で糖の濃度が下がれば元の正常なタンパク質に戻りますが、高濃度の糖がある程度の期間さらされると、毒性の強い物質に変化してしまい元に戻れなくなってしまいます。


AGEを減らす食生活と生活習慣

体のあちこちで深刻な疾病を引き起こすリスクとなるAGEを体内に溜めない生活・減らす生活習慣が大切です。AGEを減らすためには以下のような行動が必要です。

  • 食事や間食の糖質を極力抑えること
  • ビタミンBとカテキンを摂取すること(ビタミンB1のAGE阻害率は70%、ビタミンB6は90%、カテキンは90%以上です。)
  • ほうれん草やトマト、人参、ブロッコリーなどの緑黄色野菜を摂取すること
  • よく噛んで会話を楽しみながらゆっくりと食事を楽しむこと
  • 野菜→肉→炭水化物の順に食べること
  • 血糖値を下げるため食後に運動すること。食後20~30分後に30分程度のウォーキングが理想的です。激しい運動は逆に血糖値を上げてしまうため注意が必要です。
  • 紫外線を浴びない(日焼けしない)こと
  • ストレスをためこまないこと
  • 活性酸素を増やさないこと

特に女性の方には一日も早く気がついてほしいです!、しみやしわなどの老化現象は少しでも避けたいものですよね?30代、40代でしみ、しわがどんどん増えてくるなんて絶対イヤですからね!

今日から少しづつでも、AGEを増やさない生活習慣を心がけてください。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

季節行事・イベント

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

毎月のスマホ代を安く!

Kindle本セール中