知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

老眼ってどんな症状?40代になったら知っておこう

time 2015/03/07

老眼ってなんとも嫌な響きですね。


「私、視力はずっと良かったから大丈夫だわ」という方でも、
40代に入ってからは、目が疲れやすくなったり、近くのものから突然
遠くのものを見た時に、ぼやけて見えたりすることがあったりと、
確実に目の老化現象がはじまっているな、と感じずにはいられません。


老眼は、どんな人でもなります。個人差はありますが、主に40歳前後から
はじまることが多く、視力の良し悪しは関係なく近視や乱視の方もなります。


最近では「スマホ老眼」なんて言葉もあるくらい、パソコンやスマホの画面を
ずっと見ていることから目を酷使しているため、若い年代の人でも老眼と
同じ症状を訴える方も多いようです。


老眼とは、近くを見る時に毛様体筋を使って、目のレンズの役割をしている
水晶体の暑さを調整しながらピントをあわせるのですが、加齢により、水晶体が硬くなり、
毛様体筋の働きが悪くなり徐々にピントが合わなくなってくることで起こります。

つまり近くのものが見えづらくなるのですね。

老眼

老眼の主な症状をあげてみましょう。

1.近くの距離で小さな文字がみづらい

2.昼間見えていたものが夕方になると見えにくくなる。

3.肩こりや頭痛がひどい。

4.近くのものから遠くのもの、遠くのものから近くのものを見た時にぼやける。


こんな症状が続くようになったら、ついに老眼のはじまりかも知れません。
特に普段見ているパソコン、新聞、本などの文字が近くで見るとぼやけて
離してみると良く見えるようになった場合には老眼の可能性が高いと思ってください。


最初にも言いましたが、老眼は誰しもがなるもので、完全に治療することは
難しいですが、老眼予防をすることで進行を遅らせることが可能です。


老眼対策といえば、老眼鏡をかけることが一般的です。
老眼鏡をかければ、すぐに近くのものが見やすくなるので
老眼になったらぜひとも持っておきたいものです。




ただ、ここでは老眼予防、老眼の進行を遅らせるための訓練を
いくつか紹介しておきます。

眼球ストレッチ

老眼は水晶体が硬くなり、毛様体筋の働きが悪くなるので、
毛様体筋を鍛えるためにストレッチを行うことがおすすめです。

1.目を思いっきりギュッと閉じる→目だけ上を見る。また目を閉じて
  今度は下を見る。同様に左、右を見る。これを繰り返す。

  
2.目だけをぐるぐる回す。

3.指を回して、目だけで追う。

こういったストレッチをするだけで、普段余り使わない筋肉が鍛えられ
毛様体筋も鍛えられます。
ポイントは毎日2,3分でいいので、続けること。


眼球ストレッチを毎日しつつ、老眼を改善する食べ物を積極的に摂りましょう。

1.アントシアニン 

紫色の食材に含まれます。ブルーベリー、ぶどう、紫芋など。
アントシアニンにはロドプシンの再合成を促進させる働きがあり、
目の疲れや老化を防いでくれます。

Amazon1番人気


楽天1番人気


2.もずく 
 
活性酸素の発生を抑えてくれるので、目の水晶体が硬くなるのを防いでくれます。


その他、ビタミン類(ビタミンA、B、C、E)も
目に良いとされていますので積極的に摂りましょう。


普段仕事でパソコンなどをしている方は、知らず知らずの内に
目を酷使してしまいがちですので、適度に休憩を取って目を休めましょう。


この時、目のストレッチだけでなく、体全体のストレッチを
すると血行がよくなり体がすっきりしますのでおすすめですよ。


また必要以上にパソコンやスマホの画面を見過ぎない、ということも大切です。
特に睡眠が阻害される、寝る前のパソコンやスマホは厳禁ですよ。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

季節行事・イベント

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中