知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

皮ごとで食べるとこんなにもメリットがあるって知ってた?

time 2016/10/07

最近、管理人がハマっているのが、ジューサーで生の野菜と果物を摂ることです。

特に良く飲んでいるのが、りんごと人参を皮ごと(りんごの種も!)ジューサーに入れて、しょうがとハチミツを加えたオリジナルジュース。週に3回は飲んでますね。

オリジナルといっても、実はある本でおすすめしていたジュースなのですが、これを飲むと、体がポカポカして体温が上がり、老化防止にもいいんだそうです。

今回は、野菜や果物を皮ごと食べることについて、どんなメリットがあるのか調べてみました。

sponsored link

果物や野菜を皮ごと食べるメリット

日々、私たちが口にする野菜や果物。調理するときって、たいてい皮の部分は剥いて捨ててしまいませんか?

でも実は、野菜や果物の皮や皮の下(実との間)の部分には栄養素がたっぷり含まれているんですよ。

例えばポリフェノール。抗酸化作用をもつポリフェノールは活性酸素を抑える働きがあります。活性酸素は老化の原因のひとつで、普通に暮らしているだけでも増えていきます。

加えて、食物繊維も豊富に含まれていて、腸内環境を正しく保ち、血糖値やコレステロール値の改善にも効果があるとされています。

抗酸化力や免疫力を高めてくれるファイトケミカルもたっぷり入っていますし、皮そのものが健康食品と言っていいでしょう。

つまり、皮を剥かずにそのまま食べるほうが効率良く栄養素を摂取できるというわけです。

また、皮を捨てないことで、ゴミが減り、節約につながるというメリットも忘れてはいけません。

皮ごと食べるのが正解な野菜、果物とは?

キウイ
キウイは何といってもビタミンCの宝庫。その他にもカリウムや葉酸が含まれており、美容には欠かせません。実は皮には食物繊維がたっぷり含まれており、また皮と実の間にはポリフェノールが多く含まれています。

キウイを皮ごと食べる人ってあまりいないと思いますが、以前ニュージーランドに行ったときに皮ごと食べてる現地の人を見かけたことがあります。

※ふさふさした毛などは、食べる前に水で流しながら手で擦ると取れます。それども気になる人はスポンジなどを使ってあらうとキレイに取れますよ。

ぶどう
「畑のミルク」とも呼ばれる、ぶどうは栄養の宝庫ですが、皮にもレスベラトローというポリフェノールが豊富に含まれています。皮を残して食べるのはもったいないですね!

※ぶどうの皮を摂取しすぎると、腹痛や下痢を起こす可能性がありますので注意しましょう。


桃の皮にはカテキン類が豊富に含まれており、老化防止にいいとされています。また桃の一番甘くて美味しい部分というのは皮と実の間なのです。

※キウイと同様、スポンジを使って擦ると、毛が取れやすいですよ。

りんご
「りんご1個で医者いらず」と言われるくらいに栄養が豊富な果物。皮にもポリフェノール、食物繊維、カリウム、カテキン、プロシアニジン、アントシアニンなど、豊富な栄養素がたっぷり!皮ごと食べましょう。

ちなみに、りんごの種にはアミグダリンという毒素成分が含まれており、ビタミンCと一緒に摂取すると毒性が増えてしまうので食べないようにしましょう。

※皮ごと食べると歯に負担がかかりますので、日々の歯のケアも忘れずに。

りんご
みかん
ごわごわしているので、食べるのはちょっと・・・と思っていましたが、ここにも栄養がたっぷり。

ビタミンC(実の10倍も!)、ビタミンP、食物繊維、カロテン

食べるときは、皮を乾燥させた「陳皮」にすると食べやすいかも。(皮の水気を拭き取り、天日干しするだけ)

人参
ポリフェノールのほか、免疫力を高めるカロテンやレコテンが豊富に含まれます。

人参の皮をつかった、きんぴらもおすすめです。



じゃがいも
個人的に、じゃがいもの皮を食べたことはないんですが、じゃがいもに含まれる栄養の約20%は皮に含まれているとのことです。

タンパク質、ビタミンB6、葉酸、ミネラルなどが含まれています。

※皮は食べても芽は食べないでください。

さつまいも
比較的、皮つきで食べたことがあるっていう人、多いのでは?

さつまいもの皮には、ビタミンCやベータカロチン、カリウムが豊富に含まれていますよ。

なす
ポリフェノールの一種である「ナスニン」が含まれています。紫外線が気になる春~夏にかけて摂るのがおすすめです。

水溶性のため、長時間水にさらすのは避けましょう。

たまねぎ
これは初めて知りました。あの茶色の皮に栄養素が含まれているなんて!

ポリフェノールの一種である「ケルセチン」が豊富に含まれています。その量、なんと実の約30倍も!血液サラサラ、善玉コレステロールを増やすのに役立ってくれます。

そのまま食べるのは難しいので、たまねぎ皮茶にして飲むのがおすすめです。



皮ごとを食べるときの注意点

農薬について
皮ごと食べるときに一番に気になるのは残留農薬です。もちろん有機栽培の無農薬の野菜や果物なら問題ありませんが、農薬が使用されている場合はどうなのでしょうか。

農薬の使用については残留農薬基準が設けられており、1日に1個程度食べるくらいなら健康に問題はないとされていますし、スポンジを使った水洗いで擦れば、ある程度の農薬は取れてしまいます。

ただ、リスクはゼロではありませんし、どうしても気になる方はやめておいたほうがいいでしょう。

特に輸入ものは、農薬がたくさん使用されている可能性が高いので、国産のものをおすすめします。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

季節行事・イベント

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中