知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

今さら人に聞けない玉串料相場と、のし袋の書き方

time 2015/01/18

玉串料(たまぐしりょう)という言葉、普段はなかなか聞くことはないですよね。

私が初めて玉串という言葉を聞いたのは、実家の建て替えの際、地鎮祭をおこなったのですが、その際に、玉串料を収めて、神主さんに玉串奉奠(たまぐしほうてん)の儀を執り行ってもらったのを覚えています。

最近、ニュースを見ていたら、また「玉串料」という言葉を聞いたこともあり、玉串料とは、どういう意味なのかを詳しく調べてみました。

玉串料

sponsored link

玉串料とは?

まず、玉串とは榊(サカキ)に紙垂を付けたもので、神職の方がご祈祷の際に振りかざし奉納するものを言います。

簡単に言うと、神社でお祓い・七五三・新年の時などにお参りをしますよね。その際に、神職の方が振りかざしているのが玉串という物です。



玉串料とは、通夜、葬儀(葬場祭)、七五三・お宮参りなどの各種祝い儀式、結婚式、地神祭などの各祈祷、厄祓い・厄払い際に、神社に納める謝礼としてお渡しするものです。

玉串は、お参りの際に神さまの神前に奉納する「お礼=供物」の事です。

それでは、その玉串料のお供物の相場料金はどれくらいなのでしょう?

また、のし袋・水引きなどを使うのでしょうか?

玉串料の料金の相場を調べてみた

玉串料の料金は内容によって異なります。

また、玉串料は冠婚葬祭と同じ様に、のし袋・水引きを使います。

☆お宮参り・七五三
金額…5,000円
のし…有
水引き…蝶結び

☆地神祭
金額…2~3万円
のし…有
水引き…結び切り

☆結婚式
金額…5~10万円
のし…有
水引き…結び切り

☆通夜・葬儀
金額…30~50万円
のし…無
水引き…結び切り

また、各玉串料は、法律(消費税法第2条第1項第8号)にて定められており、消費税は含みません。

玉串料の内容によってこんなに金額の違いが出るんですね!

また、玉串料は予想以上に、結構な金額を支払うものと思われる方も多いかもしれません。

ちなみに、玉串料のお札の入れ方やお札は新札がいいのでしょうか?これは、冠婚葬祭のマナーと一緒なのでしょうか?

玉串料のお札の入れ方・新札がいいのか?

玉串料の扱いは、基本的に冠婚葬祭のマナーと一緒です。

☆お宮参り・七五三・地神祭・結婚式
お札の入れ方・・・封を開けた時に、人物の顔が表の上部にくるように袋に入れます。お札の種類…新札を入れて下さい。

☆通夜・葬儀
お札の入れ方…封を開けた時に、人物の顔が裏向きで下部に来るように袋に入れます。
お札の種類・・・新札は避けて下さいね。

玉串料を収める、のし袋の書き方はこの動画を参考にしてください。



玉串料のマナーは冠婚葬祭時の基本マナーと一緒ですが、玉串料の内容によって金額が変動しますので注意が必要です。

皆さんも、今後玉串料を納めることがあるかもしれませんので、この機会にぜひ覚えておきましょう。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

食べ物・飲み物

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中