知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

梅雨入り2016年はいつごろなの?梅雨入り宣言って?

time 2016/04/04

雨の日は嫌いです。じめじめして洗濯物乾かないし、それなのにムシムシして暑いし、食べ物が痛むのも早いし・・・。

出かけるのもおっくうになっちゃいますよね。私が嫌いだろうが梅雨はやってくるわけで、いろんな対策しとかなきゃなーなんて思うのです。乾燥機能がついた洗濯機を買おうかと迷いに迷い中です!

sponsored link

2016年の梅雨入りはいつ頃?

毎年お天気ニュースの「梅雨入り」とか「梅雨明け」という用語を何気なく聞いていますが、よくよく考えてみると何を根拠に判定しているのかが知りたくなってきますね。梅雨入りしたけど夏みたいに晴れてる日とか、連日太陽がギラギラに照りつけてどう考えても夏じゃん!ってときにまだ梅雨明けしてないこととかもありますよね。

雨
出典:photo AC

梅雨入りの定義

実は「梅雨入り」や「梅雨明け」そのものに、明確な定義はありません。 梅雨入りを発表する気象庁も、意外なことに1週間程度の気象予測を元に、停滞前線の影響で雨が降りやすい状態が続くと「梅雨入り」を発表しています。

以前は「梅雨入り宣言」という明確な宣言だったのですが、現在は「梅雨明けしたとみられる」等というような言い方に変更されました。この発表はあくまで暫定的なもので、9月頃になってから5~8月の天候を振り返って確定した梅雨入り時期が発表されます。

「梅雨入り宣言」の意味

上記の通り、現在は“宣言”という表現は使われなくなりましたが、それにしても「梅雨入り」の発表にはどんな意味があるのでしょうか。

梅雨入りの発表は、雨の季節が始まると大雨などもおこりやすいため、大雨に備えてという防災的な意味あいから行っているものです。昭和30年頃は「おしらせ」という形で報道陣や問い合わせ向けに配られていたのが、昭和61年からは「気象情報」として発表されるようになりました。案外最近の話なんですね。



2016年梅雨入り時期とこれまでの平均値、統計をもとに割り出した2016年の予想梅雨入り時期です。カッコ内は昨年まで65年間の平均値です。

北海道地方:梅雨ナシ
東北地方北部:6月6日~6月16日(6月14日)
東北地方南部:6月5日~6月15日(6月12日)
関東・甲信地方:6月4日~11日(6月8日)
北陸地方:6月8日~14日(6月12日)
東海地方:5月31日~6月9日(6月8日)
関西・近畿地方:5月28日~6月8日(6月7日)
中国地方:5月30日~6月9日(6月6日)
四国地方:5月30日~6月8日(6月5日)
九州地方北部:5月27日~6月7日(6月2日)
九州地方南部:5月26日~6月5日(5月31日)
沖縄地方:5月8日~5月13日(5月9日)

梅雨だからといって、ため息をつくよりも、好きな傘でも買って楽しく梅雨を乗り切りたいものですね!

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

季節行事・イベント

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

毎月のスマホ代を安く!

Kindle本セール中