知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

書道は大人になってからも始められる!~書道に必要な道具とは?~

time 2016/02/27

学生時代の管理人、元旦からアポなしで友達数人とクラスメイトの家に押しかけ、持参した書道セットで書き初めをやるという謎のイベントをやってました。友達の家族も巻き込んで、楽しかったなぁ。

17とか18歳ぐらいのときだったなぁ。何やってるんでしょうね。

でもそれ以来、書き初めが楽しいってことがわかったので、たまに習字セット出して書くようになりました。書道って、ヘタでも楽しい!とても良い趣味だと思います。自己満足でいいんです!

sponsored link

懐かしの「書道」

誰しも小中学校ではやりましたよね、「書道」。知っているようで知らないこともたくさんある世界。少し掘り下げてみましょう!

書道
出典:photo AC

◎書道に必要な道具

中国ではかつて『文房四宝』(ぶんぼうしほう)という言葉があったそうです。これは「4つの宝」という意味で、硯、墨、筆、紙の4アイテムを指すのだそうです。これだけあれば書道ができるという最小限の装備ですね。

下記は書道セットにだいたい入っている道具の一覧です。

・太筆
・細筆
・文鎮
・墨汁+固形墨
・硯
・下敷き
・水差し
・半紙ばさみ
・バッグ+中の仕切り

初心者の方には至れり尽くせりのこんな書道セットがおすすめです。

「これから始める人のための大人の書道セット」
筆、硯、固形墨、墨汁、水差し、文鎮、半紙、下敷き、半紙クリアファイル、お道具箱
※筆に手彫りで名入れサービス付き



◎書道のお手本サイト

書道三体字典
http://www013.upp.so-net.ne.jp/santai/santai.htm
大人向けの書道三体。漢字1006文字とひらがな46文字を確認できます。

大人向けのお手本サイトというのはあまり多くないようですが、楷書体であれば子ども向けのお手本サイトを参考にするのが良いかと思います。

書道の「段位」とは?

書く人の技術のレベルを明確にするため、書道には各流派毎に階級を設けています。これが「段位」です。5級あたりから始まることが多く、5級→4級→3級→2級→1級→初段→2段・・・というように、上達するにつれて級の数は減り段の数は増えていきます。

各流派の最高位は「師範」と呼ばれます。これを取得すると書道を教える技術があるということを認定されたことになります。

段位は各流派ごとに設定されているもので、全体で統一された基準がないため、同じ5段だとしても、流派によってレベルに差があることがあります。段位はあくまで指標であり、国家資格ではありません。



書道の流派とは?
書道の流派は、全国で数百~数千の団体があります。代表的なところは、下記のような流派があります。

  • 読書書道会
  • 毎日書道会
  • 松声会
  • 日本教育書道会

どの流派に入るかは、どんな文字、どんな書風の作品を書きたいかによって変わってきます。例えば読売書道会は正統派、毎日書道会はアート路線というように書く流派にはそれぞれのイメージがあります。

大人になってからも十分楽しめる書道!ぜひこの機会にはじめてみませんか?

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

季節行事・イベント

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

毎月のスマホ代を安く!

Kindle本セール中