知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

年末の大掃除を上手にするコツはリストとスケジュール組みが命!

time 2015/10/19

さぁ、年末の大掃除をしなければならない時期がやってきました。


私の場合、11月頃になると「大掃除しなければならないな~」と思いつつ、「今回はココの掃除はしなくていいや」などと、少々さぼったり、年末の大掃除なのに年始の大掃除になったりと、毎年なんやかんやで大掃除しています。


そんな、年末の大掃除。フッと思ったのですが、何で年末に大掃除をしなければならないのでしょうか?


物心ついた時から、「年末は大掃除をしなければならない」と誰に教わったわけでもなく、年末=大掃除が当たり前になっていますよね。

今回は、そんな年末の大掃除の由来について調べてみました。

大掃除

sponsored link

年末の大掃除を行う由来とは?

江戸時代以降から日本では「年末に大掃除をする」=「神聖な儀式」だと言われてきました。

年末に大掃除をする事により、新しい年の始まりには住居を綺麗にして神様をお迎えするという考えから現在の「年末といえば大掃除をする日」という観念があるそうです。


昔は、新しい年に綺麗な住居で神様をお迎えする事により、その年1年間の安泰を願ったとも言われているそうです。また毎年、12月13日は江戸城の煤払い(すすはらい)が行われるようになりました。


現在では、多くの神社で煤払いを年末の代表的な神事として行っており、毎年ニュースなどでも紹介されています。


この煤払いが庶民の間に広まり、神棚や仏壇など家中を綺麗にして、新しい年を迎えた、これが年末の大掃除と言うのが由来だそうです。


日本では江戸時代から、年末の大掃除が始まったのですね!

確かに、去りゆく都の汚れをキレイにしてから新しい年を迎える方が気持ちがいいですからね。

でも、この大掃除、正直言うと面倒じゃないですか?


面倒くさがりな私でも出来る大掃除のコツや、大掃除がスムーズに
出来るようなスケジュールの組み方などあるのでしょうか?



年末の大掃除のやり方やコツ

年末の大掃除は、計画性とスケジュール組みがとっても大切です!


「今日は、休みだからココだけやろう」とか「今日は疲れているからココだけにしよう」などと、計画性がない大掃除は、得てして年末までには終わらないことが多いです。


①まずは、どこの大掃除をやらなければならないのかをリストアップをしましょう。

台所や、窓ふき、いつも以上に綺麗にしなければならない風呂掃除など、おそらくいつもはあまり掃除をしない場所や、念入りに掃除しなければならない場所がたくさん出てくると思います。自宅が広い方は、リストアップだけでも一苦労ですが、これ重要ですのでぜひやってみてくださいね。


②リストアップが出来たら、「●月●日に★★の場所を大掃除」と
スケジュール帳やカレンダーに書きましょう!スマホのカレンダーアプリに記入するのもおすすめです。

個人的には、見やすく、色や表示スタイルをお好みにカスタマイズできる「ジョルテ(Jorte)」がおすすめです。もちろん、Googleカレンダーとも同期できます。

iphone用


Android用



リストアップとスケジュール組みをすることで、年末までに、どのくらいの場所を掃除しなければならないのか?、どれだけの日程が必要なのか?が一目瞭然に分かってきます。



今年の大掃除からは、「今日やろう」、「明日やろう」というのではなく、リストアップとスケジュールを組む事によって、年末に家中の全ての大掃除が片付き、キレイな住居で新しい年を迎える事が出来るはずですよ。


年末大掃除のコツ

年末の大掃除は、いつもの掃除とは違い、こびりついた汚れなども多く、普段使っている洗剤を使っても汚れが落ちない場合がありますよね。

そんな時、どうやったらスムーズに汚れが落ちるのか、手順やコツを紹介したいと思います。


☆台所
★重曹+酢水(水200mlに対し酢を大さじ2杯を加える)
台所汚れの原因である油汚れや、手垢汚れなどを落としてくれます。


★クエン酸+重曹
動画の様に、クエン酸と重層を使えば簡単に嫌な汚れが落ちますね。(動画参照)




★重曹を水で練ってペースト状にする
弱アルカリ性の安全且つ、強力な研磨剤になります。
このペースト状の重曹で台所の色々な個所を磨き上げるとクレンザー以上に綺麗に磨きあげれます。


☆窓ガラス拭き
★湿らした新聞紙+乾いた新聞紙
雑巾を水に濡らして窓ガラスを拭くと最初は綺麗になりますが、後に拭き残しの水垢が出来るなど、しっかりと拭かないと面倒な窓ガラス拭き。

窓ガラス拭きには、まずは湿らした新聞紙で窓ガラスを拭いた後に乾いた新聞紙で窓ガラスを拭いてください。雑巾で拭くより拭き残しがなく、新聞紙の成分により窓ガラスがピカピカになりますよ。


【楽にガラス拭きが出来るアイテムとそのアイテムを使う際のコツ】
ホームセンターなどに売っている窓ふきモップと水切りであれば、楽にガラス拭きができます。
ただ、使い方を間違うと水垢の原因にもなりますのでこの動画を参考にして下さいね。




☆お風呂場
★重曹
台所でも大活躍をした重曹。この重曹はお風呂場でも大活躍の万能洗剤です!
重曹粉をタイルに適量振りかけ、ブラシなどで磨いてください。
重曹パワーで浴槽の湯垢や手垢やお風呂場の匂いを分解してとってくれますよ。


☆玄関
玄関の場合はただ拭くだけではなく、殺菌効果のある万能洗剤を使うと、より綺麗になりますよ。

★エタノール+水
エタノール:水を2:8で薄めて、その中に雑巾を浸して、下駄箱や床やドアノブなどを拭きましょう。

エタノールは殺菌・消毒効果がありますので、この機会にドアノブは念入りに拭いていた方がよいかもしれませんね。


この様に、市販で売られている洗剤以外でも、市販商品以上に汚れが落ちる場合もありますのでぜひ活用してみてください!

ミヨシ 暮らしのクエン酸




重曹




皆様も、今年の大掃除は、やることをリストアップし、スケジュールを立てて、
重曹やクエン酸・エタノールを使って効率的に大掃除をしてみてはいかがでしょうか?

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

季節行事・イベント

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中