知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

ルイボスティーは飲み方によって効果が違うって本当?

time 2017/04/01

皆さんは、ルイボスティーを飲んだことがありますか?

ルイボスティーはルイボス(rooibos)という植物の葉っぱから作られているお茶の一つで、私もお店で見かけるとたまに買って飲んでいます。

さっぱりした味で、とても飲みやすいと思っていますよ。

このルイボスティー、聞くところによれば、いろんなミネラル成分が入っているんだとか・・・。

味だけで飲んでいた私は、成分まで気にしていませんでした。せっかく飲むのだから、身体にいい成分が入っていると嬉しいですよね。さっそく調べてみましょう。

sponsored link

ルイボスティー、飲み方別の効果とは?

結論からいうとルイボスティーはお茶なので、もちろんいつ飲んでもいいんです!

が、

飲む時間帯によって、効果の違いがあることを知っておくと便利ですよ。


出典:photo AC

朝起きた時に飲むと・・・?
起きてすぐルイボスティーを煮出して飲むことで、身体が温まり胃腸の動きが良くなります。

また、ルイボスティーには善玉菌を増やす作用があります。

排便を促してくれるので、便秘の人には嬉しい話ですね。

寝る前に飲むと・・・?
ルイボスティーはカフェインが入っていないので、寝る前に飲んでも全く問題ありませんよ。

安眠効果のあるフラボノイドを含んでいるため、暖かいルイボスティーを飲めばうまく心地よい眠りに入っていけますよ。

食前に飲むと・・・?
ルイボスティーには、カテキンが含まれていて、脂肪の吸収を抑える働きがありますので食事の前に飲むと、その効果がより期待できるでしょう。

食後に飲むと・・・?
ルイボスティーを飲むことで、食後の血糖値が急に上がるのを抑えてくれる働きがあるといわれています。

飲む時間を変えるだけで、これだけ違う効果が期待できるなんて、とても万能なお茶ですよね!ビックリです!


まだまだある!?ルイボスティーの効能

まず、今まで書いた効果が期待できる理由として、ルイボスティーの成分が関係しています。

ルイボスティーには、たんぱく質・カルシウム・マンガン・鉄・セレン・マグネシウムなどのミネラル成分がバランス良く含まれています。

その中でも、身体の中で増えすぎた活性酸素を除去してくれるのが、SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)酵素という酵素なんです。

この酵素が多く含まれているおかげで、身体の老化や病気の発生率・肌のシミやシワを防いでくれるのです。

また、血管にある老廃物も取り除いてくれるんですよ。


出典:photo AC

他にも、次のような効果が期待できるといわれています。
  • 不妊サポート(フラボノイドという成分も含まれているため)
  • アレルギー&アトピー性皮膚炎の症状緩和
  • 加齢臭を抑える
  • ストレス解消
  • 二日酔いの軽減

ルイボスティーは、ノンカフェインなので、お子さんからおじいちゃん・おばあちゃんまで、家族みんなで飲めるのも経済的で助かりますね。

効果を引き出すルイボスティーの入れ方

そんなルイボスティーの成分をできるだけ活かすには、飲むときにしっかり煮出すことが大切です。

ポイントは10分以上煮出すようにすることです。

ルイボスティーには殺菌作用があるので、夏でも常温で置いておけますが、なるべく数日中に飲むようにしましょう。

ただ、体質によっては、お腹がゆるくなることがあるので、一気に飲むのは避けた方がいいかもしれませんね。

あと書き
あらためてルイボスティーの万能な効果を知って、つい家族や友人にまで教えたくなってしまいました。

我が家は、毎日家でお茶を沸かして職場や保育園に持っていくので、今度買い物に行った時にさっそくティーバッグを買って来ようかなと思いました。

できるだけ長く飲み続けていきたいなと感じています。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

季節行事・イベント

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

毎月のスマホ代を安く!

Kindle本セール中