知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

マイナンバーカード申請をスマホでする方法と絶対忘れちゃいけないこと!

time 2017/04/23

日本では、平成28年1月からマイナンバー制度というものが導入されましたよね。

これは、日本国内に住民票がある全ての人(外国籍を含む)に1つずつ12ケタの番号が配布され、行政の効率化や国民の利便性をはかる目的をもっているのはご存知の通りだと思います。

ということで、すでに皆さんの自宅にはマイナンバー通知カードが届いていますよね?

紙のカードで、住所・名前・生年月日・性別・マイナンバーなどが書かれているものです。

通知カードでは、会社などでのマイナンバーの確認に使えますが、身分証明書として使うことはできません。

実は、顔写真入りのマイナンバーカードを作る申請を行う必要があるんですね。

そしてこの申請が、スマホでできることをご存知でしたか?

スマホなら、会社や学校の休み時間などを使って簡単に申請できますよね。

では、どのような流れで申請すればいいのかをまとめてみました。

sponsored link

マイナンバーカードをスマホで申請する手順

スマホで申請する際の流れを簡単に説明すると次のようになります。

1.メールアドレスを登録する
      ↓
2.顔写真を登録する
    ↓
3.申請情報を登録する
    ↓
4.申請完了

何だか簡単にできそう?と思った人も多いかも知れませんね。

私もそう感じました!


出典:photo AC

では、それぞれの項目では具体的に何を入力すればいいでしょうか。
 
その1
スマホのカメラで、交付申請書に印刷されているQRコードを読み取り、申請用サイトにアクセスしてメールアドレスを登録します。

QRコードを読み込むと、申請書IDが入力されるので、これに加えて氏名とメールアドレスを入力しましょう。

その2
登録されたメールアドレス宛に、申請者専用サイトが通知されますので、そこにアクセスして、スマホのカメラで撮影した顔写真を登録します。

前もって撮影しておいても、操作中に撮影しても大丈夫です。

その3
申請に必要な情報を入力しましょう。

・生年月日
・電子証明書の発行を希望するかしないか
・氏名の点字表記を希望するかしないか


その4
入力後送信すると、申請完了のメールが届きます。

これなら、普段スマホで行っている操作とほとんど同じなので、とても気軽に申請できそうですね!

忘れちゃいけない!申請時のチェックポイントとは?

申請する際、まず顔写真のファイルサイズが重要になります。

ファイル形式はjpeg、ファイルサイズは20KB~7MB、ピクセルサイズは幅480~6000ピクセル、高さ480~6000ピクセルと指定されています。

また顔の表情については、パスポートを作る時に提出する写真と規定が同じなんですね!

顔がはっきり見えないものや見にくいもの、ピンボケのもの、背景が写っているもの、帽子やサングラスで顔が隠れているものは全てダメです。

当たり前のことですが、かわいく見せたいからといって、写真を加工するアプリなどを使うことはやめて下さいね。

また、入力に時間がかかってタイムアウトになったり、入力を間違えた時にブラウザの戻るボタンを押してしまうと、表示エラーと出る場合があります。

この時は、面倒ですが最初から登録をやり直すしかありません。


出典:photo AC

また、ドメイン指定受信の設定をしている人は新たな受信設定も必要です。

@net.kojinbango-card.go.jpからメールが受信できるように設定しておきましょう。

また自分のメールアドレスの入力間違いにも気をつけてくださいね。

せっかく登録しても申請者専用サイトのURLが届かなくなってしまいますからね。

あと書き
マイナンバーカードのスマホからの申請が、思ったよりとても簡単にできることが分かりました。

私も、まだカードを作っていないので、スマホから申請しようかと思います。

カードは10年間有効だそうなので、顔写真が変な表情にならないように、セルフではなく家族に撮ってもらった方が確実かもしれないですね。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

食べ物・飲み物



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中