知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

マイナス金利がなぜ適用された?~わかりやすく説明しています~

time 2016/02/21

2月16日からマイナス金利が適用されていますね。最初にこんなこと思いつくのは誰なんだろう。完全に素人目線で見てますが、経済政策の動きとかって本当におもしろい!

管理人、2008年~2013年はベトナムに住んでいたんですが、たしか2010年頃の民間商業銀行のドン建て定期預金の利息は年利14%でした。(ドンはベトナムの現地通貨です。)当時お金持ってればよかった・・・。10万円預けたら一年で14万円もらえるんですよ!そのまま置いとけば2年目はさらに159,600円(114万円の14%)増えるんです。

信じられない!そんな時代は終わり、今は期間にもよりますが4%~6%ぐらいに落ち着いているようです。

sponsored link

マイナス金利とは何か?

「マイナス金利」とは、金利がマイナスになることです。(通常の金利はプラスの数字のパーセンテージです。)

普通はお金の借り手側が貸し手側(お金を預ける側)に利息を支払いますが、マイナス金利の状況下ではこれが逆になり、貸し手側(預ける側)が金利を払わなければならないという現象が起きます。

ただしマイナス金利は、日銀と民間銀行の間の取引(日銀への当座預金)において適用されるものであり、一般個人の銀行預金にマイナス金利がついてしまうということではありません。
 


なぜマイナス金利にするの?

マイナス金利は、金融緩和策の一環として導入されています。簡単に言えば、「銀行にあるお金を日銀に預けずに市場へ投資させる」ことを狙ったものです。

日銀は「銀行の銀行」として銀行からにお金を貸したり預金を受け入れたりしています。マイナス金利はが日銀の当座預金に余分にお金を預けると手数料を取りますよというもので、民間の銀行が日銀に預金するかわりに企業への貸し出しや有価証券の購入、株式市場への投資等に充てることを促すことで、経済をより活性化し景気回復・デフレ脱却に繋げようという意図があります。

2013年4月以降、日銀は巨額の国債を買い入れて民間銀行にお金を供給してきましたが、銀行は受け取ったそのお金のほとんどを日銀に預けてしまい、企業への貸し出し等にはあまり利用されてきませんでした。今回の政策金利としてのマイナス金利導入は、この状況を打開して景気刺激に繋げようとしているのです。

日銀
出典:photo AC

日本以外の国でもマイナス金利は採用されている?

政策金利でマイナス金利を採用している国は、2016年2月現在、欧州中央銀行(ECB)、スイス、デンマーク、スウェーデン、日本です。ヨーロッパではドイツ、オランダ、スイス、フランス、オーストリア、フィンランド、デンマークの短期国債でもマイナス金利が見られ、既に定着しつつあります。
 

マイナス金利の影響は?

★メリット
低金利による貸出増が期待されます。特に住宅ローンの金利が非常に安くなり、低金利で住宅ローンを組んで住宅を購入しやすくなることが期待されます。

★デメリット
元々日本の定期預金は超低金利ですが、マイナス金利の影響でさらに超低金利に下がってしまうことが懸念されます。

一般市民からすると、日本の銀行の預金金利なんて期待しないので(うちの場合は預けるお金もない・・・)、住宅ローン安くなるのならマイナス金利を歓迎してもいいんでしょうね。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

食べ物・飲み物



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中