知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

ブルーボトルコーヒーが清澄白河にオープン!口コミ情報は?

time 2015/02/16

コーヒー界のAppleと言われるブルーボトルコーヒーが日本に上陸した、
と話題ですが、噂のブルーボトルコーヒーとはなんでしょうか。
そこで今回は、ブルーボトルコーヒーについて調べてみました。

ブルーボトルコーヒー


sponsored link

ブルーボトルコーヒーとはなに?

まず、ブルーボトルコーヒーとは何か、ということですが、クラリネット奏者だったという
ジェームス・フリーマンさんが、音楽の道を諦めた時、もう1つ情熱を傾けていたというコーヒー、
本当においしいコーヒーを作ろうと決心して2002年8月、自宅のガレージで始めたのが最初といわれています。



そんなブルーボトルコーヒーのコンセプトは
「個人の香りがするコーヒーチェーン」



ジェームスさんはスターバックスなどのコーヒーをひどく嫌ったといわれています。
それは、確かに味は美味しいけれど、マニュアル化され、効率化されるものではない、
という考えからでした。


ブルーボトルコーヒーの最大の特徴といわれるのが、ブルーボトルコーヒーが生んだとされる、
「マイクロブリューコーヒー」です。1カップずつ丁寧にいれるのが特徴で、
芳醇な香りと味わいに虜になる人が続出しているそうです。


自分で買い付けに行き、厳選した有機無農薬の、オーガニックフェアトレードの豆を自家焙煎し、
焙煎後48時間以内の新鮮な豆しか提供しない、と徹底しています。
それを、コーヒー1杯1杯時間をかけて丁寧に淹れてくれるのです!


そんな自分だけのコーヒーが味わえるブルーボトルコーヒーが
日本でも開店しました。

場所は、清澄白河。
2015年2月6日にオープンしました。


2015年3月7日には、青山店にオープンすることが決まっています
また、今春開業予定の代官山の商業施設「LOG ROAD DAIKANYAMA」にも
3店舗目を予定しているようです。


オープンした清澄白河店をご紹介しますね。
オープン当日は300人ほどの列ができたというのですから、驚きです。
時間でいうと、店内に入るのに4時間以上も待った人もいたとか。



営業時間は月曜~日曜日8;00~19:00
メニューはシングルオリジンのドリップコーヒーなど、450円~600円。
手作りのペイストリー、250円~600円。
また、10種類前後を用意するコーヒー豆、200g1500円~など。
また、オリジナルグッズの販売もあります。

Amazon



楽天


Twitterでも絶賛の声多数!?





ただ、今は待ち時間3時間ほど、という情報もありますので、
狙い目は平日ですが、平日でも40分くらいは待つみたいですね。
この行列はしばらく続きそうです。


待っても飲みたいブルーボルトコーヒー、1杯いかがでしょうか。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

季節行事・イベント

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

毎月のスマホ代を安く!

Kindle本セール中