知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

ヒトメタニューモウイルスに罹ったら登園許可はいつから可能?

time 2017/07/30

インフルエンザに溶連菌、ノロウイルスにロタウイルス・・・。

これらの感染症は、集団感染を防ぐために罹ってしまうと登園できなくなってしまうことから、「できることなら耳にしたくない」のではないでしょうか?

子どもがぐったりするのだけでも心配なのに、数日間の自宅療養が必要なため、働くママにとっては「仕事をどうしよう・・・」という不安もあります。

そんな感染症の1つに「ヒトメタニューモウイルス」というのがあります。 

他の感染症に比べると、まだまだよく知られていない「ヒトメタニューモウイルス」ですが、保育園に通うお子さんが罹って、しばらく休む場合、登園許可はいつからなの?という疑問が出てきます。

今回は、ヒトメタニューモウイルスの登園許可について、簡単にまとめてみました。

sponsored link

ヒトメタニューモウイルスに罹ったら登園許可はいつからOK?

まだまだ名前を知られていないヒトメタニューモウイルスですが、感染力はかなり強いそうですよね! 

感染力が強いと聞き、「うちの子が罹ってしまった場合、しばらく登園できない感染症では?」と思われるママもいらっしゃるでしょう。


出典:photo AC

しかし、ヒトメタニューモウイルスは登園許可が必要な感染症には明確に定められていません。

ただ、保育所によっては、集団感染を防ぐために独自の登園許可の基準を定めている場合があるようです。

もし通っている保育園に明確な基準がない場合、発熱や咳などの症状がおさまっていれば登園可能なケースも多いようです。

いずれにしても、まずはかかりつけの医師に「うちの子は登園可能な状態ですか?」ということを確認することが大切です。

また、ヒトメタニューモウイルスの排泄期間はおおむね1~2週間なので、完治するまでには同じくらいの期間がかかると想定できます。

ただ、症状が治まり登園を再開した場合でも、マスクの着用などをして他の子どもへの感染を防ぐ、という配慮も必要になるでしょう。

ヒトメタニューモウイルスって何?

もしかしたら、「ヒトメタニューモウイルスっていう名前、初めて聞いた」という方もいるかもしれません。

それもそのはず、このウイルスは2001年に発見されたばかりで、我が子が罹って初めて知った、というママたちも多いのでは。

実は私も今回調べていく中で初めて聞きました。

では、ヒトメタニューモウイルスに罹った場合の症状はどのようなものなのでしょうか?

spondored link
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-6071578358787738"
data-ad-slot="2612958156">


ヒトメタニューモウイルスの主な症状

ヒトメタニューモウイルスは気管支炎や肺炎などの呼吸器感染症をひきおこすウイルスの一種で、咳や熱、鼻水が主な症状です。

こう書くと、風邪の症状とよく似ていますよね?


出典:photo AC

また、ヒトメタニューモウイルスは1年中発症が確認されていますが、ピークは3月から6月です。

「季節の変わり目だから、風邪をひいたかな?」と思っていたら、実はヒトメタニューモウイルスに感染していた、なんてこともあるかもしれません。

通常、感染しても1週間程度で症状が治まりますが、乳幼児や高齢者、免疫力が低下している人は、重症化して肺炎などを引き起こすこともある感染症であることも、知っておく必要があります。

ヒトメタニューモウイルスを防ぐために・・・
ヒトメタニューモウイルスの感染を防ぐためには、うがい・手洗いが有効だそうです。

これは、他の感染症についても同じ予防法ですね。

一年中なにかしらの感染症にかかるリスクを回避するためには、基本に忠実が一番大事なことのようですね。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

食べ物・飲み物



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中