知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

7時間睡眠の僕がショートスリーパーになれるものなのか?

time 2015/04/11

ショートスリーパーとは、短い睡眠時間でも健康でいられる存在であり、
短眠者ともいわれます。非気質性睡眠障害にも含められていますが、


日本人の平均睡眠時間は7時間30分と言われています。
僕も平均して7時間~8時間くらいは寝ていると思います。
とすると、人生の約3分の1は寝ていることになりますよね。


もったいない!


睡眠時間を削れば、いろんなことができるんじゃないか?
そんな妄想が頭を常によぎっているんですが、そんなことを
考えると余計に眠くなってしまったり・・・。


ショートスリーパーの方は、睡眠時間が6時間未満でも生活に支障が出なかったり、
それくらいの睡眠時間の方が逆にスッキリする、そして外交的であり楽観的、
自信家でストレスを溜め込みづらいという特徴があります。


反対に9時間以上の睡眠を必要とする人をロングスリーパーといい、
どちらかと言うと、内向的でストレスを溜め込みやすいと言われています。


歴史上ではナポレオンやエジソン、レオナルド・ダ・ヴィンチが
ショートスリーパーと言われており、ナポレオンは3時間程度、エジソンは4時間程度、
レオナルド・ダ・ヴィンチは90分しか眠らなかったと言われています。


他にも現代の有名人では、明石家さんまさん、上戸彩さんは2時間程度、
伊集院光さんや秋元康さんは3時間程度、小説家で有名な京極夏彦さんは
4時間程度で問題ないとか。

武井荘さんは45分という驚異の睡眠時間とテレビで紹介されていました。


ストレスも溜めにくく外交的で成功もしやすいと噂のショートスリーパー。
ショートスリーパーになりたいという人も増えている昨今、通常睡眠の人が
はたして、ショートスリーパーになれるのか調べてみました。

睡眠

sponsored link

ショートスリーパーになるための方法

今まで通常睡眠だった人が、ショートスリーパーになるための方法を
まとめてみました。実際にこの方法で僕も試してみようと思います。

  1. 起床時間を一定にする。
  2. 眠る時間を遅くしていく
  3. 主体的に仮眠を取る
  4. 内蔵に負担をかけない
  5. メラトニンの分泌を促す
といった方法があります。
一つ一つ見ていきます方。



起床時間を一定にする
これは、生活リズムを一定にしすることによって、体に生活リズムを刻み、
崩れにくくするためです。毎日、同じ時間に起きるという習慣を実践していき、
体に覚えこませることにより、自然と同じ時間に起きるようになるのです。


眠る時間を遅くしていく
急激にショートスリーパーになろうとすると、体に多大な負担がかかり、
自律神経が乱れ、逆に体を壊しやすくなるため、徐々に遅くしていく必要があります。
睡眠時間を30分単位で減らしていき、2週間ほど続ければ体がそのリズムに馴染んでいくといわれています。


主体的に過眠を取る
睡眠時間を減らすことによって、昼間眠すぎてウトウトしてしまう・・・
というのは逆効果です。積極的に仮眠を取ることも重要です。
眠くなってからの仮眠は夜に寝るより睡眠効果が高いともいわれています。


ただし、夕方以降の仮眠も逆効果になるので、仮眠を取る場合はお昼休みなど、
昼間に取ってくださいね。仮眠時間は5分~15分程度が最適。
短い時間にぐっすり眠ることで長時間睡眠を取るよりスッキリすることも多いのです。


内蔵に負担をかけない
ショートスリーパーになるためには、食生活も大切な要素です。具体的には、食事量を減らしたり、
胃に負担をかけない食物を中心に食事を取るようにするようにしてください。


中心とする食材は、果物や野菜を消化良くするために細かく切ったり、
柔らかく煮たりする調理法がベスト。胃もたれを軽減するため、という効果もあります。


メラトニンの分泌を促す
睡眠に大きく関わっているのが「メラトニン」というホルモン物質です。
このメラトニンの分泌を効率よく促すことができれば、短時間でも
良質な睡眠を得ることができ、短い睡眠時間でも健康的に過ごせます。




メラトニンの分泌を促す方法って?

メラトニンは太陽の光を浴びてから15時間たってから分泌されるホルモンです。
朝起きた時に朝日を浴びると、ちょうど眠る時間にメラトニンが大量に分泌され、
スムーズに眠りに就くことができるといわれています。



つまり、朝起きたら、まずは太陽の光をいっぱいに浴びるのが効果的です。
そして、夕食にはタンパク質が多い食事を摂るのが有効的で、野菜、果物中心の食事の他に、
豚肉や鶏肉、卵や牛乳などの、メラトニンの分泌に効果的といわれる食材を摂取すると、
メラトニンが効率よく分泌され、良質な睡眠を得ることができるのです。


いかがでしたでしょうか。


睡眠時間が短ければ1日にできることが増え、嬉しいこともたくさんあるかと思います。
ただし、それがストレスになってしまってはショートスリーパーとは言えませんので、
急激に実践するのはやめてくださいね。


徐々に慣らしていき、体に負担のない範囲でショートスリーパーへの道を実践してみてください。
さぁ、今日から実践だぁ!

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

季節行事・イベント

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

楽天市場



sponsored link

お問い合わせなど

毎月のスマホ代を安く!

Kindle本セール中