知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

サザンビーチちがさき花火大会(2017年)の詳細と駐車場情報

time 2017/07/21

関東地方で生まれ育った方の中には、夏といったら海!海といえば湘南!!と思う方が多いんじゃないでしょうか。

私も生まれは関東ではないのですが、大学時代は東京に住んでいたので、夏にはよく湘南方面に遊びにいっていましたね~。

また、サザンやTUBEの歌には、湘南辺りの地名がたくさん出てきますので、地名を聞いたことがある人も多いと思います。

そんな湘南の茅ヶ崎という場所には「サザンビーチちがさき」という海水浴場があり、そこで毎年花火大会が行われていることをご存知でしょうか?

どんな内容の花火大会なのか、詳しく見てみたいと思います。

sponsored link

第43回サザンビーチちがさき花火大会(2017年)について

サザンビーチちがさきは、当初「茅ヶ崎海水浴場」として、明治31(1898)年に開設されました。

現在の名称に変わったのは、平成11(1999)年だそうですよ。

サザンビーチちがさきには、シンボルである「茅ヶ崎サザンC」というモニュメントがあります。


出典:photo AC

そうそう、この場所はサザンオールスターズのCDジャケットにもなったこともあり、茅ヶ崎観光の定番撮影スポットでもあります。

2017年の花火大会の詳細は、以下のとおりです。


・日にち
8月5日(土曜日) 19:30~20:20
【荒天時、翌6日(日曜日)に順延】

・開催場所
サザンビーチちがさき周辺

・打ち上げ数
約3,000発

・打ち上げ場所

下の地図をご参考に。



・アクセス
JR茅ヶ崎駅から徒歩20分

花火大会当日は、茅ヶ崎駅南口より、神奈川中央交通の臨時バス(有料。約10分)が運行される予定です。

駐車場はありませんので、駅からバスを使うか徒歩で移動しましょう。

付近の道路は、交通量がかなり多いので、歩く際は十分注意してくださいね。

なお、サザン通り(サザンビーチ交差点から中海岸二丁目交差点の間)は、当日20:00から21:30まで交通規制がかかります。

そして有料席に関してですが、1名2,500円で、380席用意されています。

ただ、有料席は毎年人気が高くて、売り切れ次第終了となってしまいます。

購入したい場合は、以下まで問い合わせてみるといいでしょう。

・茅ヶ崎市観光案内所(茅ヶ崎駅自由通路南側)
   0467-82-3986 (9:00~19:00)

・茅ヶ崎市観光協会事務所(東横イン茅ヶ崎北口横) 
   0467-84-0377 (9:00~17:00 土日祝休み)

ゴミのポイ捨てによる罰金など

この花火大会の見どころは、連続打ち上げ花火の「スターマイン」と、水面にクジャクが羽を広げたようにみえる「水中孔雀」が、並んで打ち上げられるところです!

花火が海の水面から打ち上げられるのは、なかなか見る機会がないですよね!

スターマインと水中孔雀が同時に打ち上げられると、このような光景が見られますよ。



見ているだけでワクワクしてきますよね!

これはビーチでの花火大会ならではの見どころかと思います。

江の島花火大会【2017年】見どころ~子供連れにもオススメな理由とは?~
夏と言えば花火ですが、正直なところ、暑い夏に混雑する花火大会って暑さ倍増しちゃいます・・・。夏の花火が苦手な人でも行ってみたくなるのが、秋に開催される花火大...


また、きれいな海岸を保つため、サザンビーチちがさき花火大会では、お客さんにゴミの持ち帰りを呼び掛けています。

茅ヶ崎市では、平成14年に「茅ヶ崎市民の美しく健康的な生活環境を守る条例」が施行されました。

これにより、ごみのポイ捨てをすると、何と罰金が科せられるのでくれぐれも注意してくださいね。


出典:photo AC

・空き缶・タバコの吸い殻などのポイ捨て・・・罰金20,000円以下
・犬のフンの放置・・・罰金20,000円以下
・落書き・・・罰金50,000円以下

花火大会を気持ち良く楽しむため、これらの条例を守ることと、自分のゴミは自分で持ち帰りましょうね。

花火大会の翌日早朝、ボランティアの方たちが海岸の清掃を行っているそうです。お客さんの心がけで、清掃の負担を、少しでも減らせてあげられたらと思いますね。

当日会場では、花火打上募金も行っていますので、良ければ協力してあげてください。
  
あと書き
この記事を書いていて思い出したのですが、この茅ヶ崎の花火大会に行ったことがありました!!

といっても20年くらい前の話ですが・・・。

当時の彼女と3回目くらいのデートでしたね、たしか~。

ちなみにその彼女とは結婚して、いまも一緒にいます。

夏の海岸の花火大会というのは、どこかロマンチックな雰囲気もありデートにもオススメですよ!

ただ、夏の海岸というのは開放的になりがちで、ついハメを外してしまうこともありますよね。

参加するみんなが花火大会を楽しめるように、そして海という自然を守っていくために、一人ひとりがマナーを守って行動してもらえたらいいなと思いますね。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

食べ物・飲み物



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中