知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

コレステロールを上げる食材と下げる食材

time 2015/12/02

冬!蟹!

全国各地で蟹の漁が解禁となったってニュースでやってました。食欲の秋から食欲の冬!海の幸も野菜もキノコも美味しくてお鍋とかスイーツとか・・・もう毎日のように食を満喫してます。

美味しいものを前にすると、カロリーなんか気にしなくなっちゃいますよね~。

・・・って、本当は私、食生活に気をつけないとダメなんです。

というのも、父親がⅡ型の糖尿病でして。父は血糖値とかコレステロール値をかなり気にするようになりました。遺伝子持ってるから、私も気をつけるようにきつく言われているのです。。。


女性は特に、更年期を過ぎる頃からコレステロール値が高くなってくるので注意が必要なんですって。

食べ過ぎ

sponsored link

コレステロール値が高いと病気になる?

答えはYES!

動脈硬化が起こりやすくなるためです。動脈硬化は命を奪う可能性があるほど危険。それなのに自覚症状が一切ないため、静かなる殺し屋(Silent Killer)なんて呼ばれています。

脳や心臓など太い動脈に起こる粥状動脈硬化(アテローム硬化)が引き起こす主な病気にはこんなものがあります。

  • 脳梗塞
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 大動脈瘤
  • 腎動脈硬化症
  • 閉塞性動脈硬化症

どれも怖い病気ですね。



コレステロールの種類

コレステロールは人体には欠かせないものの一つではありますが、増えすぎると血管の壁に蓄積し、血管を詰まらせたり動脈硬化を進行させたりします。

コレステロールには善玉と悪玉がいるという話をよく耳にしますが、血管壁に蓄積させていくのは悪玉コレステロール(LDLコレステロール)、溜まったそれらを取り去ってくれるのが善玉コレステロール(HDLコレステロール)です。

コレステロールの高い食品

コレステロールの高い食品は、卵(特に卵黄)、あんこうのきも、フォアグラ、するめ、からすみ、さくらえび、キャビア、いくら、レバー、しらこ、たらこ・・・等、卵や魚卵、肝などが目立ちます。

その他にも、脂っこいものもコレステロール値をあげます。

美味しいものには毒があるって感じのラインナップだわ。気をつけて食べるようにしないといけませんね。

しかしながら、5年に1度改定される厚生労働省『日本人の食事摂取基準』の2015年度版では、コレステロールの摂取制限が撤廃されました。

目標量を設定するのに科学的根拠が不十分というのが撤廃の理由です。なんでも、食事から摂取するコレステロールと血液中のコレステロールの因果関係を証明することができなかったんだそうです。



その他の原因
コレステロール値が高くなる原因は食べ物だけではありません。他にもこんな要素がコレステロール値を高くしています。

・ストレス
強いストレスがかかると交感神経がその刺激を受けて副腎皮質ホルモンが活発に分泌されますが、この副腎皮質ホルモンは血液中の遊離脂肪酸量を増やす働きがあるため最終的に血液中の悪玉コレステロールを増やします。
 
・喫煙
タバコに含まれるニコチンが中性脂肪の合成を促進させ、悪玉コレステロールを増やして善玉コレステロールを減らします。また、動脈硬化を促進させます。

・アルコールの飲み過ぎ
適量の飲酒は、血液の循環改善、ストレス解消、善玉コレステロールを増加などの良い働きがあるといわれていますが、アルコールをとりすぎると中性脂肪も増えて善玉コレステロールは減少、悪玉コレステロール値は上がります。
 
その他、加齢、肥満や他の病気、薬の服用なども悪玉コレステロール増加の原因となり得ます。

コレステロールを下げる食材

・青魚
魚

イワシ、サンマ、サバなどの青魚には、血中の悪玉コレステロールを下げることから脂質異常症の治療薬として使われているEPA、DHAが豊富に含まれています。食事で摂るのがベストですがサプリを効果的に使うのが現実的です。

・オリーブオイル
オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸は不飽和脂肪酸の中でも酸化しにくく、血液中の善玉コレステロールは減らさず悪玉コレステロールだけを減らすことがわかっています。

・米油
米油にはビタミンEの50倍という非常に強い抗酸化力を持ったスーパービタミンE(トコトリエノール)が含まれていて、このスーパービタミンEは血液中の悪玉コレステロールの酸化を防ぐと同時に、さらにすでに酸化してしまった悪玉コレステロールを元に戻す効果もあるため、動脈硬化の予防に期待できます。

・ヨーグルト、チーズ
ヨーグルトやチーズに含まれている乳酸菌にはコレステロール排出作用があります。味噌や漬物、キムチなどの植物性乳酸菌より、ヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌の方がコレステロールをより多く吸着して排泄します。

この他にもコレステロールを下げる成分や食材はまだまだあります。

結局は、適量をバランスよく食べることが最も大事なことなのかもしれませんね。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

食べ物・飲み物



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中