知って得する雑学情報

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。知ってれば得する情報、雑学などを書いています。

こむら返りを予防するのに、こんな食事が良かったとは!

time 2017/03/12

朝起きる時や、運動をしている時などに、足がつってしまった!という経験がある人はたくさんいらっしゃいますよね。

実際私も、今まで数えきれないくらい足がつったことがあります。

足がつることは、別名「こむら返り」とも言われています。(”こむら”は、ふくらはぎのことを指します)

ふくらはぎの腓腹筋(ひふくきん)という筋肉が縮まってしまい、元に戻らずに激しい痛みが続きます。


出典:photo AC

週に何度もこむら返りが起こる人、または今まで数回しかこむら返りになったことがない人、いろいろかと思いますが、原因はどんなことが考えられるのでしょうか。

また、自分でこむら返りを防げるような食事のとり方はあるのでしょうか。毎日の食事に取り入れられる方法を考えてみましょう。

sponsored link

こむら返りの原因は栄養不足からくる?

こむら返りが起こる原因の一つに、毎日の食事の栄養バランスが崩れていることが考えられます。

特に、食べ物でイチバン取らなくてはいけない成分はミネラルです。
 
ミネラルというのは、血液や体液のバランスを調整して、骨や歯を作ったり、神経やホルモンバランスを仕切ったりしている、とても大切な栄養素です。

ミネラルには、ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・硫黄・塩素などが含まれます

ミネラルが不足してしまうと、こむら返りの他に、次のような症状が現れることがあります。
  • 骨が弱くなる
  • むくみやすくなる
  • 肌荒れや冷えが起こりやすくなる
  • 髪が抜ける・薄くなる・爪が弱くなる
  • 貧血やめまいが起こる
  • 精神的に不安定になる
  • 生理不順や生理痛が強くなる

現代人は、ストレス社会の中で過ごしていることが多いので、せっかくミネラルをとっていても、身体から出て行ってしまうことが多いのです。

また、毎日の食生活でも、お弁当・惣菜・冷凍食品・レトルト食品などの材料に、ミネラルが溶け出た「水煮食品」がたくさん使われるようになっていることも理由にあげられます。

また、ジャンクフードやインスタント食品、カフェインを含む飲み物などを取り過ぎても、ミネラルは身体から出て行ってしまいます。

1日3回の食事で、しっかり栄養をとっているつもりでも、実はあまり取れていなかったんですね・・・。

じゃあ具体的にどんな食事を摂ればいいのか?

それでは、こむら返りを予防するにはいったいどのような食事をとると効果があるのでしょうか?

まずミネラルのうち、筋肉の動きに関係が深いカルシウムやマグネシウムは、特に摂り入れたい栄養素です。

カルシウムは小魚や乳製品、マグネシウムはナッツ類や大豆製品、玄米、ゴマなどにたくさん含まれます。


出典:photo AC

また、ビタミンB1は、筋肉の疲れやだるさを取って、神経の伝達機能を正しくする機能があります。豚肉・ジャガイモ・ピーナッツ・エンドウ豆などに多く含まれているので、運動をする人は意識して食べるようにするといいでしょう。

カリウムを多く含む食べ物には、バナナがあります。1日1本食べると効果がありますよ。外出中には、スポーツドリンクを飲むのもいいですね。

できれば、ミネラルは食べ物からとるといいのですが、どうしても取りづらいときはサプリメントを飲んでもいいでしょう。


あと書き
こむら返りは、毎日の食事に気をつけていると、自分でも予防できる症状なのだと思いました。

調べていたとき、「リン酸塩」という食品添加物は、ミネラルの吸収をじゃましてしまうとのことだったので、食品を選ぶときは原材料にも目を向けるようにしようと思います。

自分の身体は自分で気を遣うことが、とても大事なことですね。

sponsored link

ファッション・オシャレ

世界・地域・自然

動物・虫・昆虫

恋愛・結婚

流行っていること

芸能・テレビ・映画

食べ物・飲み物



sponsored link

お問い合わせなど

Kindle本セール中